カラーセラピーで自分の弱みがわかった

自分が悩んでいる時に、いろいろなことにすがりたくなりますね。その一つに、色があります。自分が好きな色を見ることにより、とても元気をもらうことができます。こっそり下着をその好きな色にしていたことがありました。それは、自分しか見ることがないので、密かに下着を見た時に笑顔になったりするのです。そんな見えないところで、色を楽しむこともできると感じています。

そして悩みがあるときに、カラーセラピーを受けることによりとてもためになりました。その時のためになったのは、自分の弱みがわかったのです。自分のことを知っているようで、自分のことなのに知らないことがありますね。そしてそれは、弱みについて知らないふりをしていることもあります。そんな弱い自分を隠しているのです。

しかし弱みを知ることは、とても大切なことです。私の場合は、自分の弱みを知ることにより、そのことについて無理をしないで協力を求めることが出来るようになりました。